子連れで楽しめる♡ロンドンのベストアフタヌーンティー7選

イギリスといえば!のアフタヌーンティー。

せっかくロンドンに来たからには、一度は本場のアフタヌーンティーを体験したいですよね。

何となく敷居が高そうなイメージ??静かで厳かな雰囲気だと子供は難しい??

いえいえ、全然そんなことはありません!

実はロンドンには、子連れOKのみならず、キッズの為のアフタヌーンティーを提供しているレストランやティーサロンが沢山あるんです♡

たっぷりのクロテッドクリームをつけて頂く焼き立てのスコーン、一口サイズの甘いお菓子や美味しいフィンガーフード…。
伝統の紅茶ももちろん、大人だけで楽しむのはもったいない!

是非親子でアフタヌーンティーを楽しんで、子供と一緒に素敵な思い出を作りましょう♪

アフタヌーンティーって?

イギリスの伝統であるアフタヌーンティーとは、午後4時から6時の間に食べられる軽い軽食のことです。

1840年代に公爵夫人であるアンナ・マリアが始めたお茶会が、アフタヌーンティーの歴史の始まり。それまでは朝食、ごく軽めの昼食、音楽会や観劇ののち、夕食は8時くらいからのスタートと遅めでしたのでどうしても夕方お腹が空いてしまいますよね。

19世紀の終わりには中流階級にも広まり、今ではイギリスの大切な文化のひとつとなっています。

マイルストーンホテル 【リトルプリンス&プリンセスティー】

とってもワクワクする素敵なネーミングのこちらは、
ケンジントン宮殿、ハイドパーク近くの伝統と格式ある五つ星ホテル「ザ・マイルストーン・ホテル」が提供する12歳以下のキッズのためのアフタヌーンティーです。

ホテルは19世紀の建物を利用しており、レトロな内装と様々なアンティーク家具が美しく融合し、まるで中世ヨーロッパへとタイムスリップしたような気分に!英国の伝統を存分に感じることができます。

そんな素敵なホテルのティールームで楽しめる、『リトルプリンス&プリンセスティー』

メニューはフィンガーサンドイッチ、クロテッドクリームとジャムが添えられたスコーン、ドーナツ、チョコレートトリュフ、ホットチョコレートなど。

ザ・マイルストーン・ホテル
大人のアフタヌーンティー £48~
リトルプリンス&プリンセスティー £24

住所:1ケンジントンコート、W8 5DL
営業時間:毎日 – 午後1時、3時、5時の3回制。

ザ・サンダーソン・ホテル 【マッドハンターズアフタヌーンティー】

2000年にオープンしたスタイリッシュな五つ星ホテルの「サンダーソン」が提供しているのは、「不思議の国のアリス」で登場する帽子屋とアリスのお茶会をモチーフにしている『マッドハンターズアフタヌーンティー』!

物語の世界観がそのまま楽しめる、個性派のアフタヌーンティーセットです。

小さな入り口をくぐれば、まるでアリスになった気分。
デーブルに置いてある宝石箱の中にはシュガーが、ポットももちろんおとぎの国仕様!王冠が載ったトランプをモチーフにしています。

小瓶のタグには、「Drink me!」中身はエキゾチックフルーツを使ったジュースです。

個性あふれるメニューの最後には、伝統的な焼き立てのスコーン、クロテッドクリーム、フルーツリザーブもきちんと登場します。

ルイスキャロルのファンタジックな世界で、大人も子供と一緒に楽しめちゃいますね♪

ザ・サンダーソン・ホテル
マッドハンターズアフタヌーンティー
大人 £48
子供(4歳~11歳) £35

住所:50 Berners Street、ロンドン、W1T 3NG
営業時間:月曜日から土曜日 – 午後12時30分から午後4時、日曜日 – 午後1時から午後5時。

ダブルデッカーバスでアフタヌーンティー

ロンドンの代名詞である二階建てのバス。滞在中、一度は乗ってみたいものですよね。
様々なツアーが用意されておりますが、なんと、観光をしながらバスの中でアフタヌーンティーが楽しめてしまうんです!

1時間半をかけてバッキンガム宮殿、ウエストミンスター寺院、ロンドンアイなどの定番の観光スポットを通り過ぎながら、コペントガーデンにある人気ベーカリー『Bベーカリー』の美味しいスコーン、サンドイッチ、ミニキッシュ、ミニカップケーキ、マカロン、ペストリーを頂くことができます。

まさに一石二鳥なこのツアー、是非参加してみてください♡

Bベーカリー アフタヌーンティーバスツアー
大人 £45~£63
子供(5歳~11歳) £35~£43
※5歳以下は不可
住所:8 Northumberland Avenueから午後12時30分、午後3時にピックアップ
ビクトリアコーチ駅から午後12時、午後2時30分、および午後5時にピックアップ

シティークルーズでのアフタヌーンティー

バスの次は、なんと船の上でのアフタヌーンティー!

テムズ川沿いをクルージングしながらなんて、最高ですよね♪

メニューはサンドイッチ、ミニペストリー、クロテッドクリームとジャムのスコーン、好きなだけの紅茶とコーヒー。

お茶のあとは、二階のデッキに上がってロンドンの川沿いにある数々のランドマークをぐるっと360°楽しむことが出来ます。

アフタヌーンティークルーズオンテムズ川
クルーズは毎日タワーピアの桟橋より運航
15時半~17時の1時間半のクルーズ
大人£32~
子供(3歳~12歳)£22
※0~2歳は無料

ワン アルドウィッチホテル【チャーリーとチョコレート工場のアフタヌーンティー】

こちらはロンドンの五つ星ホテル「ワン アルドウィッチ」が提供する、『チャーリーとチョコレート工場』をモチーフにしたアフタヌーンティーセット♡

幻想的な作品と伝統的な文化を融合したメニューには、自家製の綿菓子、レトロなボトル入りのチョコレートキャラメルミルクセーキ、バニラチーズケーキとマンゴーピューレでいっぱいの輝く黄金の卵など。
ネギとスティルトンチーズのタルト、ローストビーフとマスタードのサンドウィッチも絶品です。
もちろん、自家製ジャムとクロテッドクリームを添えた焼き立てのスコーンもお召し上がりいただけます。

ワン アルドウィッチホテル
大人 £45
子供(~12歳)£35

住所:1アルドウイッチ、ロンドンWC2B 4BZ
営業時間:毎日、午後1時から午後5時まで

グロブナーハウスホテル【キッズグロバーズティー】

五つ星ホテルの「グロブナーハウスホテル」でも、子供のためのアフタヌーンティーメニューがあります。

英国のお家のような雰囲気のPark roomで提供されるキッズティーメニューには、トロピカルフルーツサラダ、アイスクリーム、ビスケット、ミニチュアペストリーなどがずらり。

そしてとっても嬉しいサービスが❤

子供ひとりひとりに、小さなワンちゃんのぬいぐるみがプレゼントされ、お家に連れて帰ることが出来るのです。

2016年にこちらのティールームPark roomは、ベストファミリーアフタヌーンティーでアフタヌーンティー賞を受賞しています。

グロブナーハウスホテル
大人 £42.50
子供(~12歳)£25

住所:グロブナーハウス、JWマリオットホテル、パークレーン、メイフェア、ロンドン、W1K 7TN
営業時間:午後12時30分から午後6時までアフタヌーンティーを提供しています。

ブラウンズホテル 【The English Tea Room】

1837年に創業、イギリス最古のホテルである「ブラウンズホテル」のThe English Tea Roomで提供されるアフタヌーンティー。
こちらのティールームには、オリジナルの木製パネルで囲まれたお部屋にアンティークの家具がずらりと並んでおり、とても奥ゆかしくイギリスの伝統を感じられる空間です。

子供向けメニューというわけではありませんが、子連れもOKですので、昔ながらの伝統的なアフタヌーンティーを子供と一緒に楽しみたい方にはおすすめのホテルです。

私も1歳児と伺いましたが、スタッフの方々は皆優しく親切にしてくださいました。
サンドウィッチ、スコーン、ペストリー、どれも絶品!
お茶含め、全てお代わり自由で、食べきれない分は箱に包んでくれるのでお持ち帰りが出来ます。

ホテルについて少し目を離した隙に、息子が勝手に箱を開けてケーキを食べていたのには非常に焦りました。。

ブラウンズホテル
トラディショナルアフタヌーンティー £55

住所:ロンドン、W1S 4BP
営業時間:午後12時から午後6時

以上、ロンドンで子供と一緒に楽しめるアフタヌーンティーをご紹介いたしました。

個人的な感想ではありますが、ヨーロッパの方々は基本的に皆子供にとっても優しく、すごく親切です!

話しかけてくれたり、あやしてくれたり、抱っこしてくれたり..お陰で息子もとても楽しそうに過ごしており、子連れで困ることはありませんでした。

距離があるのでなかなか頻繁に行くのは難しいですが、ロンドン観光の際には是非子連れアフタヌーンティーを楽しんでいただけたらと思います♪

ちなみに、アフタヌーンティーをいただくと夕食がいらないくらいお腹いっぱいになります..笑

ロンドンに行くなら是非こちらもチェックを!

【正規取扱店が解説♡】ロンドン発・MORIってどんなブランド?

ヨーロッパのオーガニックベビー服日本未上陸・初上陸ブランド4選

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です